一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

女性の部屋

インテリア

一人暮らしにオススメ!インテリアで統一感を出す為の5つのルールとは?

更新日:

もうすぐ新生活がスタート…念願の一人暮らしに向けてどんな家具を買おうか、どんな配置にしようか、ワクワクしながら考えている人も多いのではないでしょうか?でも実は、インテリアに大切なのは家具やレイアウトだけではありません。オシャレな部屋づくりにおいてとっても重要になってくるのは、「統一感」なんです。今回はそんな、部屋に統一感を出す為の大事なルールをご紹介!誰にでもできる簡単なポイントを抑えるだけで、あなたの部屋も一気にハイセンスな空間に早変わりしますよ。

スポンサーリンク

壁の色に合わせた色使い

統一感のある部屋にする為にまず大事な事、それは色使い。特に部屋全体の印象を決めている壁の色に合わせる事がポイントになってきます。日本の賃貸だと大抵の所が白い天井・壁になっていますが、これに合わせてカーテンやラグなど部屋の中で大きな面積を占めているアイテムも明るいホワイト系で揃えるようにして、部屋のベースカラーを決めてしまいましょう。これだけで一気に統一感のある空間に変わりますし、部屋を広く見せる効果も生まれてきます。ただあまり明るい白で揃えすぎるとかえって疲れやすい部屋になってしまう可能性もあるので、ベージュやアイボリーなど淡いクリーム系の色で揃えるのもオススメ。またソファやTVボードなどの家具類も同じ色合いで揃えればさらに効果がアップしますが、これは好みもありますし無理してする必要はありません。全体のベースカラーが揃っているだけでかなりまとまった印象になりますし、最終的な部屋の仕上がりも全然違ってきますよ。

使う色は3色程度にまとめる

ベースカラーが決まったら次は家具や小物などを置いていきますが、気に入ったものや置きたいものをあれもこれもむやみに置いていくと、色味が多すぎて落ち着かない部屋になってしまう可能性があります。ベース以外の色は多くても3色程度にまとめるようにしましょう。ちなみにベースカラーの次に多く取り入れる色はメインカラー、差し色として使う色をアクセントカラーと呼ぶのですが、基本的にメインカラーにはベースと相性の良い落ち着いた色味を、アクセントカラーにはビビットなど対象的な色を使う事が多いです。例えばベースがホワイト系やブラウン系だったらメインはグリーン系、アクセントにはレッド・オレンジなどを取り入れる、といったような感じ。割合で言うと大体ベース7割・メイン2割・アクセント1割というバランスでコーディネートしていくと、調和のとれた理想的な空間に仕上げる事ができますよ。

スポンサーリンク

家具の色やデザインを揃える

部屋に置く家具も色や質感・デザインなどを揃える事で、より一層統一感ある空間に変わってきます。例えば同じような形やテイストのもの、木製家具だったら木の模様や色味が似たもので揃えるという事です。無理に全部の家具を揃える必要はありませんが、色々なデザインの家具がありすぎると見た目も良くないしインテリアのテイストも定まらなくなってしまうので、多くても2種類程度のデザインに抑えると良いでしょう。1番間違いないのは同じショップやブランドのもので揃える事。同じショップなら家具の雰囲気も大体似てきますしシリーズなどもあるので、簡単に家具を揃える事ができますよ。1つのお店でなかなか理想の家具が見つからないという場合だったら、似たテイストのショップをいくつか回ったりするのもアリ。また店舗だけでなく通販などにも結構掘り出しものがあったりするので、ショップやブランドにこだわらないという人ならネットで色々見てみるのも良いかもしれませんよ。

家具の高さ・奥行きも揃える

家具は色やデザインだけでなく、高さ・奥行きを揃える事も大切なポイントになってきます。これが揃っていないと見た目がデコボコになり、心理的にも落ち着かない状態に。前が通りにくかったり物が置きづらかったりと、色々不便な点も出てきてしまいます。高さ・奥行きもしっかり揃えて並べて、綺麗なラインを作るようにしましょう。高さは低い家具で統一した方が部屋を広く見せる効果もアップしますよ。高さがどうしても揃わないという場合は雑貨や小物などのアイテムを使って調整しても良いですし、低い家具の左右に高い家具を置いてシンメトリーにしても十分統一感を出す事ができますよ。また奥行きがバラバラな家具はとりあえず全面のラインを揃えるようにして配置すると良いでしょう。部屋に植物や照明を置く場合、そういったアイテムも家具とのバランスを見ながらうまく高さを調整するようにしてください。

物は置きすぎないように注意

統一感のある部屋にするにはスッキリまとまった空間を作る事も重要。色使い同様、部屋の中に色々な物を置きすぎないように気を付けなければいけません。オシャレな雑貨や小物でも飾りすぎるとごちゃごちゃした印象に見えてしまいますし、生活用品などがありすぎるとせっかくのインテリアも台無しになってしまいます。なるべく無駄な物は買わず、部屋に物を増やさないように気を付けましょう。また生活感があるものやインテリアの邪魔になるものは見えるところに置かないようにすると良いでしょう。それでもどうしても捨てられない物、あるいはどうしてもごちゃごちゃして見えてしまう場所があるという人は、目隠し布などを使って隠してしまうのも◎。その場合布の色も部屋のベースカラーに合わせる事で統一感も出ますし、隠しておきたい場所も変に目立たなくなりますよ。常に部屋も綺麗に整理整頓し、片付いた状態でいるように心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか?統一感を出す為のルール、参考になったでしょうか?
・壁の色に合わせた色使い

・使う色は3色程度にまとめる

・家具は同じ色・デザインのもので揃える

・家具の配置も高さや奥行きを揃えて

・物を置きすぎずスッキリした部屋にする
これらの簡単なルールを守るだけで空間がまとまり、よりオシャレでセンスのあるインテリアを作る事ができるんです。これから一人暮らしをする人も、インテリアに悩んでいた人も、素敵な家具やコーディネートの事は1度置いておいて、まずは統一感を作る事から始めてみましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-インテリア

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.