一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

回答

メンテナンス

一人暮らしのメンテナンス・靴のお手入れをしよう!(1)お仕事編

更新日:

一人暮らしを始めた人の中には社会人としての第一歩を踏み出したばかりという人も多いと思いますが、そんな皆さんにまず心がけてほしいのが、オフィスや営業などのビジネスシーンで履くビジネスシューズ・パンプスのお手入れです。
昔から「足元を見る」という言葉がある通り、足元を見てその人となりがわかるとよく言われます。足元は自分からは意識しないと見えない部分ですが、自分以外の人からは大変よく見えます。それだけについうっかり手入れを怠ってしまうと自分が気づくよりも先に他の人に足元の汚さでだらしない人だと判断されかねず、時には仕事上の信用を失う事すら考えられます。そうならないためにも特に仕事に使う靴はいつもきれいにしておきたいものです。

スポンサーリンク

まず常備しておきたいお手入れ用品

靴のお手入れは日常生活に欠かせない作業のひとつです。そのためにぜひ常備しておきたい基本的なお手入れ用品のリストをご紹介します。

◆基本的なお手入れ用品
・ブラシ
・クリーム、クリーナー(リキッド・ペースト・チューブ・ローションなど)
・靴磨き用クロス(靴の表面がキズにならないやわらかい布・グローブタイプも有)
・防水スプレー
・消臭スプレー
・シューキーパー(靴の形を保つための道具)
・セーム革(革製品の仕上げ拭き用)

これらのお手入れ用品は靴専門店の他にホームセンターや100均でも買えますが、最初はどんなものがいいかわからない人も多いと思いますので、まずは専門的知識のある靴専門店に行き、店員にどんなものを揃えればいいか尋ねたうえで銘柄などを決めるといいでしょう。買うと靴の素材によっては専用のお手入れ用品が必要になる場合もありますので、その場合は必要に応じてその都度そろえていくといいでしょう。

 

「履いた後の10秒ケア」で靴の寿命はぐんと伸びる

靴を履きっぱなしで毎日手入れをしない人の方が多いと思いますが、実は、靴は脱いだ後すぐの手入れで寿命に差が出ます。せっかく買った靴がすぐにダメにしないためにも「履いた後の10秒ケア」で靴を長持ちさせましょう。
ここではその「履いた後の10秒ケア」の手順をご紹介します。このお手入れ方法は他の靴にも応用が効きますので、ぜひ行ってほしいものです。

☆用意するもの
・ブラシ
・シューツリーまたは乾燥剤

☆「履いた後の10秒ケア」の手順

1.ブラシで靴をブラッシングして表面についたホコリを落とす。

2.「ベロ」と呼ばれる靴ひものあるペラペラした部分や靴と靴底のつなぎ目(コバ)は特に念入りにブラシをかけてホコリを落とす。

3.靴底の汚れをブラシで落とす。

4.乾燥剤(シリカゲルなど)を入れて湿気をとる。
シューツリーがあれば装着する。(型崩れを防ぎ、湿気も吸収する)
※木製のシューツリーを入れた場合は、次に履くまで靴に入れたまま保管しておくとよい。

スポンサーリンク

ビジネスシューズのお手入れ方法(月1回の定期メンテナンス)

ビジネスシューズは「履いた後の10秒ケア」に加え、1カ月に1度本格的に靴磨きをしておけば完璧です。

☆用意するもの
・ブラシ(ホコリ落とし用2つ)
・クリーナー(汚れ落とし用)
・クリーム
・クロス(クリーナー用、クリーム用、乾拭き用)
・シューツリー(木製がベター)
・セーム革

◆定期的なメンテナンス(月1回程度)

1.靴ひもがあれば外す。

2.ブラシで全体のホコリを落とす(ベロやコバは念入りに)

3.クリーナー(※)で汚れを落とす。
→クロスにクリーナーをつけて汚れを拭き取り、乾いたクロスで仕上げ拭きをする。
(カビはほとんどクリーナーで対処できます)

4.クリームを塗る
※クロスに靴の色に合ったクリームをつけて塗る。乳化性のクリームがおすすめ。
(小さな傷はクリームで対処できます)

5.セーム革で仕上げ磨きをする。(表面にツヤが出る)

※液体タイプのクリーム(乳化性クリームの一種)は手軽に塗れて手も汚れないため人気がありますが、このタイプを勧めない靴屋もあります。選び方がよくわからない場合は靴のメンテナンスに詳しい靴屋に尋ねてみるとよいでしょう。

 

パンプスのお手入れ方法(1)ヒールの修繕方法

パンプスは仕事女子に必要不可欠なアイテムですが、ヒール部分がちょっとしたことで傷つきやすいのが難です。まずはヒールの革がむけた時の修繕方法をご紹介します。

☆用意するもの
・千枚通し(竹串、目打ちでもOK)
・ドライバー(+でも-でもOK)
・革またはゴム用接着剤
・靴と同色のツヤ出しワックス
・クロス

◆ヒールの修繕方法

1.千枚通しなどで寄ってしまった革を浮かせて引き出す
2.革が切れない様にそっとシワを伸ばす
3.千枚通しに接着剤を少しつけて革に塗る。薄く塗るのがコツ。
4.革を伸ばしながら下の素材に慎重に貼りつける。
5.貼りつけた皮をドライバーの側面でこすりながら革のたるみをならす。
6.接着剤が乾いたら、乾いたクロスにツヤ消しワックスをつけて軽く磨く。
7.色がなじむまで2~3回6を繰り返す。

※木製のヒールにキズがついた場合は、床補修材(クレヨンタイプ)をキズに刷り込むように埋め込み、仕上げは靴クリームで磨くとよいでしょう。

※ヒールの底が減ってきたら、金属が見えてくる前に専門店で修理をしましょう。

 

パンプスの手入れ方法(2)つま先、中敷き、素材別手入れ方法

◆つま先の手入れ
1.人差し指と中指に布を巻きつけ、余った部分を握る。
2.クロスに靴クリーナーをつけ、円を描くようにやさしく汚れを落とす。

◆中敷きの手入れ方法
☆用意するもの
・消しゴム
・靴クリーナー
・つや出しワックス
・クロス

1.縫い目部分はクリーナーやワックスがしみこむため、まずは消しゴムで汚れをこすり落とす
2.乾いたクロスに靴クリーナーをつけて中敷きの汚れを落とす。
3.汚れが落ちにくい部分はツヤ出しワックスをつけ油分を浮かせ、ワックスで拭き取りきれいにする。

◆エナメル素材の靴の手入れ
エナメル靴は甲の部分がシワになりやすいので、新聞紙で型をキープします。
☆用意するもの
・新聞紙
☆お手入れ方法
1.通常のお手入れ(ビジネスシューズのお手入れ参照)をする。
2.新聞紙をつま先と土踏まず、踵の2つに分けて詰める。
3.全体的にしわを伸ばすようにしてしっかりと新聞紙を詰める。

◆スウェード素材の靴の手入れ
☆用意するもの
・ブラシ(ホコリ払い用・仕上げ用)
・起毛革用補色リキッド

☆お手入れ方法
1.ブラッシングでホコリを掻き出す。
2.毛を逆立てるようにして補色リキッドを塗って乾かす。これを2~3回繰り返す。
→毛の中に液を入れていくようなイメージで塗る。
3. 最後にブラシをかける。

 

まとめ

ここでは靴の基本的なお手入れ道具やビジネスシーンで多用する靴のお手入れ方法などについて取り上げましたがいかがでしたでしょうか。
ビジネスシューズやパンプスなどは毎日の仕事で履くものであり、大切な「仕事道具」です。そんな大切な仕事道具が汚れたまま放置されているのを見た人はどう思うでしょうか?そのような人をあなたは仕事のパートナーとして、あるいは取引相手として信用できるでしょうか?そう考えると、靴を手入れしない人=仕事ができない人だと判断されても仕方がありません。靴の手入れはできる社会人への第一歩と考え、どんなに忙しく疲れていても靴だけはいつもきれいに手入れすることを習慣にしましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-メンテナンス

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.