一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

料理の下ごしらえ

料理

一人暮らしの自炊!調理時間を短縮する5つの裏ワザを伝授

更新日:

下ごしらえ、調理、食品の保存など、自炊にはいくつかのプロセスがあります。それらの事は自炊に慣れている人でも面倒に感じる部分です。ましてや初めての一人暮らしで右も左もわからない人にとっては大変な負担になることも。それが原因で自炊からどんどん遠ざかる人も結構いるのではないでしょうか。

そこで提案したいのが「楽をする」こと。身近にある意外なモノを使う、あるいは手持ちの調理器具を本来の使い方とは違う方法で使う「裏ワザ」があるんです!

ここではそんな裏ワザの数々を紹介します。

スポンサーリンク

裏ワザ1:「資源ごみ」を上手に活用する

食品や、飲み物などを買ってくると必ず出るのが資源ごみ。実はそれらの資源ごみが便利な調理器具になるって知っていますか?

☆ドリンクのふた
包丁で取りにくいピーマンのへたの部分に、ボトル缶などについているかためのふたをグリグリとはめ込むと、簡単にへたをくりぬけます。

☆穴あき発砲トレイ
同じサイズの発砲トレイ2枚に穴を開け、1枚に水洗いした野菜を乗せ、もう一枚をかぶせると即席のザルに。シャッと振ると野菜の水が簡単にしっかり切れます。

☆ペットボトル
1.5Lのペットボトルを底から8cmの高さでカットするとライス型に早変わり!
見た目がきれいなので友人とのホームパーティーなどで喜ばれそうですね。

☆カップめんの容器
カップめんの空き容器に卵を入れ、完全に卵が浸かるまで熱湯を注ぎ、10分置くと温泉卵の出来上がり。コンロに鍋を掛ける必要がないのでガス代の節約にも。

 

裏ワザ2:使える!牛乳パック

牛乳を飲む習慣がある人ならぜひ調理器具として使ってほしいのが飲み終わった後の牛乳パック。丈夫で耐水性にすぐれている上、使い捨てができるので洗い物の手間も省けます。

☆半分にカットして卵とき容器に
生卵や合わせ調味料などの少量の液体をほぐしたり混ぜたりするのに1L牛乳パックを半分に切ったものを容器代わりに使います。角が注ぎ口となり漏れを防ぐため、ボウルを使うよりも格段に便利です。

☆まな板代わりに
厚手なで包丁が当たっても破れず水にも強い牛乳パックはまな板にもなります。
特に生臭い肉や魚を切った後臭いが残らない程度にさっと水で流してそのまま捨てられるのがいいですね。

☆お弁当に便利!即席おむすびメーカーに
牛乳パックを切り開いて3面に塩と水を振り、その上にご飯と具を乗せます。
パックを前後左右同時にギュッと押して巻き込み、端から包丁で切ればきれいな三角形のおむすびの出来上がり。手で握るよりも衛生的です。

スポンサーリンク

裏ワザ3:ポリ袋で時短料理!

料理の時間を短縮したいなら絶対にはずせないアイテムが「ポリ袋」です。手を汚さず、洗い物の手間も省けます。

☆揚げ物の衣つけ
揚げ衣(パン粉・小麦粉など)の入ったポリ袋に、下味やつなぎをつけた材料を入れて振るだけ。粉が均等につきます。手も台所も汚れず後始末も簡単です。

☆即席みそ汁の素
ポリ袋にみそ約250g、だしの素少々、小口切りした長ネギまたは乾燥わかめを少々入れ、よくもんで冷蔵庫で保存。食べたい時に袋の角を切って適量出し、熱湯を注げばすぐにみそ汁ができます。

☆ハンバーグや餃子の具作りに
ハンバーグや餃子の具材をまとめてポリ袋に入れ、袋の上からよく揉むと簡単に作ることができます。袋の角をハサミで切って1個分ずつ具を絞り出せば大きさがほぼ均等になり形作りの時間を短縮できます。

☆手袋がわりに使う
ハンバーグの形を整える時、ポリ袋を手袋代わりに使うと手を汚しません。手首部分に輪ゴムをかけて外れないようにするとOK。

 

裏ワザ4:調理器具を上手に使って時間短縮!(小物)

いつも使っている調理器具も、いつもとちょっと違った使い方をするだけで便利グッズに変身!調理にかかる時間を短縮できます。

☆フライ返し
・ボウルに渡したフライ返しの上で卵を割ると卵白がフライ返しの隙間からするっと落ちて卵黄だけが上に残るため、簡単に卵黄と卵白を分ける事ができます。

☆穴あきおたま
・よくといた卵を穴に通して汁に流し込むと、細かくきれいなかきたま汁ができます。
・おたまにささみを乗せ、穴に筋を通してひっぱると簡単に筋が取れます。

☆泡だて器
・お米をとぐとき泡立て器を使うとあっという間に米ぬかが取れるだけでなくすすぐ回数も減らせて省エネになります。冬の水が冷たい時期に特におすすめ。
・ゆで卵を泡立て器で数回押すとあっという間に粗みじんになり調理の時間を短縮できます。
・味噌汁を作るとき、味噌を泡立て器でゆっくり回しながらとくときれいにとけます。

 

裏ワザ5:調理器具を上手に使って時間短縮!(鍋・フライパンなど)

鍋やフライパンも、上手に使えば簡単に調理でき、時間と光熱費の節約ができます!

☆フライパン
・パスタや青菜をゆでる時、底の面積が大きく少量の湯でも均一に火が通るフライパンを使うとガス代と水道代の節約にもなります。
(フライパンの直径よりも長いようなら半分に切るなどの工夫をしましょう)
・軽く丸めたアルミホイルを敷いた上にシシャモなど水気の多い魚を乗せて焼くと、グリルで焼いた時と同じようにきれいに魚が焼けます。
・フッ素樹脂加工のフライパンにアルミホイルを敷いて冷凍肉を上に乗せると、通常の2~3倍速く解凍でき、調理の時間を短縮できます。(熱伝導率が高くなるため)
☆鍋
・1種類の野菜をゆでる時は少量の湯を沸かした鍋にふたをして蒸しゆでをすると調理時間を短縮できます。
・複数の食材をゆでる時、時間がかかる食材から順番に入れてゆであがりの時間を揃えると、とても効率的。光熱費の節約にもなります。

 

まとめ

今回は身近にあるモノや定番の調理器具を上手に使ってより簡単に調理し、自炊の時間を極力短縮する方法をご紹介してきましたがいかがでしたか?

一人暮らしをするにあたり、自炊は必要不可欠な家事です。でも日々の忙しい生活の中で毎日のように料理をするのは本当に大変。「短時間で楽にできればそれにこしたことはない」というのが普通の感覚でしょう。

そんな面倒な自炊を続けるカギは、台所に立つたびに「いかに楽にできるか」を常に念頭に置き、様々な工夫をすることではないでしょうか。そうすればいい意味で上手に手抜きをしながらおいしい食事を自分で作れますし、日々レパートリーも増えて自炊が苦ではなくなる日もくるかもしれません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-料理

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.