一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

女性の部屋

インテリア

一人暮らしのインテリア術。狭い部屋を広く見せる5つの技!

更新日:

憧れの一人暮らし。でも一人暮らし用の部屋って狭い所が多くありませんか?

  • 「こんな狭い部屋じゃオシャレなんて無理」
  • 「広い部屋に引っ越すまで我慢するしかない」

なんて諦めてしまっている人も多いのではないでしょうか?

でも元々の大きさだけでなく、間違ったインテリアのやり方が部屋を狭く感じさせている原因にもなっているんです。インテリアの工夫次第で、どんなに狭い部屋だって本来より広く見せる事ができるんですよ。

今回は部屋を広く見せる為の正しいインテリア術5つをご紹介していきます。

スポンサーリンク

一人暮らしのインテリア術:まず重要なのは部屋全体の色

リビング

部屋を広く見せる為にまず大事なのは部屋全体の色。

つまり壁や床・天井の色です。室内で最も大きな面積を占める壁や床などには白やアイボリーなどのような明るい色を選ぶと部屋が広く感じられます。

そういった明るい薄めの色は膨張色になるので、部屋に開放感を与えてくれるんです。その場合純白でなくても、クリーム系や白っぽいグレーといった色でも効果はあります。

逆に真っ白よりもそういった淡い色の方が目にも優しいので、リラックス効果も高いと言われています。

 

とはいってもマイホームでもない限りなかなか自分で壁や床の色を変えるなんて事はできないと思うので、賃貸の人は部屋選びの際にそういう点にも注目しておくのが大切です。

内見に行った時は部屋の雰囲気や設備だけでなく、部屋の壁や床の色もしっかりチェックするようにしてください。

 

一人暮らしのインテリア術:ファブリックの色も大切

モデルルームインテリア

壁や床の次に大きな面積を占めるカーテンやラグ・ソファなどのファブリックの色も重要になってきます。

部屋を広く見せたいのならこれらの色も同系色の明るい色を選んで統一感を出すのが良いでしょう。特に窓辺は部屋の印象を左右するとても大切なものなのでそれを覆うカーテンの選択も気を付けなければいけません。

 

もちろん色は明るめのものを選んだ方が良いですし、柄の多いものより無地かストライプなどシンプルなデザインのものを選ぶとベストです。ロールスクリーンやブラインドなどもスッキリ見えるのでオススメです。

もし可能ならばカーテンレールからではなく、なるべく天井から吊るしてサイズをたっぷりとるようにすると更に効果的になります。

ラグやソファなどもいろんな色や柄のものがあり迷うかもしれませんが、カーテン同様なるべく色の明るい・柄の少ないものを選んだ方がお部屋を広く見せてくれるでしょう。

スポンサーリンク

一人暮らしのインテリア術:家具は少なく、低めのものを選択

おしゃれなインテリア

部屋全体の色が決まったら、次に大事なのはやっぱり家具選びです。

念願の一人暮らしだからいろんな家具を置いて理想の部屋に近づけたい人もいるかもしれませんが。可愛いから・必要かもしれないからと思ってあれもこれも買ってしまえば当然部屋は狭くなってしまいます。

小さい部屋だからこそ本当に必要なものだけを選んで、少しずつ揃えていくようにしましょう。

 

ちなみに家具は低めの高さのものを選ぶのがポイントです。天井と家具の間に空間ができることによって開放感が生まれ部屋が広く感じられるのです。特にベッドやソファなど大きめの家具ほど低めのものを選ぶのが良いです。

家具の色も同系色にするとより統一感が出ますが、家具の数が少ない場合は逆に濃い色のものを選んで奥行きを感じさせるという方法もありです。木の色やナチュラルカラーの家具にすれば、濃い色でも圧迫感のない落ち着いた安心感のある部屋にする事ができます。

 

一人暮らしのインテリア術:効果的な家具の置き方

家具はデザインだけでなく当然置き方も重要になってきます。

大切なのは家具を一方向に固めてオープンスペースを作るようにすることです。

家具を部屋全体のいろんなところに配置するとなんだか散らばった印象になり、空間がなくなって部屋が狭くなったように感じてしまいます。

なので家具はなるべく部屋の片方にまとめて置き、もう片方のスペースを大きく見せるようにしましょう。床が見えるスペースを広くとるように、人が歩く動線を妨げないように置いていくのもポイントです。

 

また部屋の印象は最初に入った時、入り口から見た景色で決まってしまいますから。部屋の入り口付近も大事になってきます。入り口の近くにはできるだけ物を置かず空間を作るようにすると、すっきり広々とした部屋に感じられます。

大きな家具や形が似ている家具はなるべくまとめて、入り口より奥に配置するように
意識してみてください。

 

一人暮らしのインテリア術:大きめの鏡や間接照明も効果アップ

間接照明

部屋に鏡や間接照明などのアイテムを取り入れるのも良いインテリア術です。

鏡を配置すると、部屋が映りこんで奥行きを感じさせることができるので部屋を広く見せる効果がアップします。

これはオフィスやショップでも活用されている方法です。できれば通常よりも大きめの鏡を使い、部屋全体や窓が映るような場所に配置するのがオススメです。

 

また間接照明を取り入れる事で部屋に立体感や広がりを持たせる事ができます。部屋の広さだけでなく雰囲気もオシャレになりますし、リラックス効果も生まれます。

低い位置に柔らかい色の光を配置するとより効果的なので、例えばテレビボードやソファの下、観葉植物の裏などに置くのが良いでしょう。

部屋の角に置くとあまり効果が得られないので、天井や壁などの空間の面に堂々とたくさん光を当てるように配置するのが良いでしょう。

 

まとめ

  • 部屋全体の色を明るくする。面積の大きいものもなるべく同系色で。
  • 家具は必要最低限のものだけ・高さの低い物を選び、
  • オープンスペースを意識して配置するようにする。
  • 鏡・間接照明などのアイテムも上手く利用する。
  • これらのポイントを抑えたインテリア術を使えば
  • 元々狭かった部屋も広く見せる事ができます。

これから一人暮らしを始める方も、既に一人暮らしをしている方も自分で工夫すれば十分快適な空間を作ることができるんです。

狭い部屋だからと諦めずにこのインテリア術、ぜひ実践してみてください。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-インテリア

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.