一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

貯金イメージ

節約

家計簿をつけずに出費を抑える鉄板のテクニックとは?

更新日:

給料日前、気付いたらお金がない!とヒヤヒヤすることが多いのが一人暮らしです。一人暮らしの出費は意外と多いので、意識してお金の管理をしていないと給料を使い切ってしまう事態に見舞われます。

しかし、そんな事態に陥ってしまう方の多くは、きっと家計簿をつけるのが面倒だと感じる方ばかりでしょう。今回はそんな方々のために、家計簿をつけずに出費を抑えるテクニックをご紹介します。手軽にできるものばかりなので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

1か月分の予算を最初に用意しておく

アパレルショップ

お給料が入ったら、1か月分の予算を決めて最初に生活費を分けておきましょう。さらにそれを家賃、食費、光熱費、通信費、交際費、洋服代、生活雑費に分けます。たとえば、家賃6万円、食費2万円、光熱費1万円、通信費1万円・・・という感じです。

それらを封筒に分けて管理します。家賃や光熱費などが引き落としになっている場合は必ず明細をチェックしてください。使う時はその封筒からお金を出すようにします。そうすれば、家計簿をつけなくてもいくら使って、いくら残っているのか簡単に把握することができます。

使いすぎてしまった場合も、新たにお金をおろす際に自然とブレーキがかかるため口座に残っているお金も管理しやすくなります。もし封筒に分けたお金が余ってしまったり、足らなくなってしまったりしたら、次の月の予算を見直しましょう。

スポンサーリンク

1日に必要なお金だけをお財布に入れる

クレジットカードと財布

お財布に入れるお金はその日に必要な分だけにしましょう。たくさんお金を入れていると、ついお金があるような錯覚をしてしまい、必要のない買い物をしてしまいます。

そのため、毎日お財布の中身をチェックし、調整しましょう。基本的に仕事の日はランチ代だけ持って行けば足りるはずです。休日友達と出かける時も、あらかじめ予算を想像してその分だけお財布に入れるようにしてください。

仕事の後の急な飲み会などに備えて、予備のお金は準備していてもいいでしょうが、お財布には入れず封筒などに分けておきましょう。コンビニなどで毎日何かを買っている方は、本当にそれが必要なのかを考えてから買うようにしてください。

「いつも買っているから」「何となく口寂しいから」と言った理由で細々と買い物をしていると、あとでまとめた時に意外と大きな出費になっているという事はよくあります。

 

何か買う時は1分考える

時間

服でも食べ物でも、何か買う時はそれが本当に必要なものなのか1分だけ考えてみてください。買おうとしているその服は、おうちにある服とコーディネートしやすいか?買い物カゴの中に入れている食材はきちんと使いきれるのか?など少しでいいので考えてみてください。

それが高い買い物であればあるほどきちんと考えましょう。そうすると「意外と買わなくてもいいかも」「やっぱりこれは必要だ」と思えるようになってきます。

何か購入するときに一番してはいけないことは何となく買うという行為です。何となく買ったものは、なんとなく使わなくなってしまう事が多いため無駄になってしまいます。冷静に考えると、本当に必要なものというのはごくわずかしかないのです。

なので、1分考えてそれでも欲しいと思ったものを買うように心がければ自然と無駄な出費を抑える事が出来るようになります。

 

緊急時以外コンビニには行かない

コンビニ

何気なくコンビニに寄っているという方は要注意です。コンビニは手軽に買い物が出来るようなつくりになっているため、ついつい必要のないものまで買ってしまうからです。

一つ一つは少額でも、積もり積もって結構な額になってしまうのです。生活費を抑えようとしている方にとってコンビニは大敵ともいえます。

そのため、コンビニには極力寄らないようにしましょう。どうしても必要なものがある時は、その目的以外のものは買わないという決心をして入りましょう。そのぐらいの覚悟を持たないと、コンビニの誘惑には勝てません。

そもそも、食べ物にしても日用品にしてもコンビニよりもスーパーやドラッグストアで買った方が安いはずです。出費を抑えている人が、それをわざわざコンビニで買うメリットはあるでしょうか?

コンビニのお手軽さに負けずに安いところで買うようにしましょう。緊急時以外はコンビニにいかないというくらいの心構えで居てください。

 

飲み会をするならおうちでしよう

飲み会

お金のことを気にしながら飲むのは面白くないですが、飲み代はバカにできません。飲む量にもよりますが、一次会を3000円だと考え、そのあと2次会やカラオケに2000円かかるとすると・・・一晩で結構な出費になります。

それをおうちで飲むとすると、一人5000円出しただけでも結構豪華な飲み会ができます。なので、たまにはおうち飲みもいかがでしょうか?おうち飲みとなると、おつまみやお酒を自分で準備するのが面倒と思うかもしれませんが、やってみると意外と楽しむことが出来ます。

いつも居酒屋で飲んでいる方は、友達と買い出ししたりするのが新鮮に感じるはずです。おつまみ料理をふるまえば、いつもと違った自分を見せることも出来ますし、料理が出来る友達が居れば作ってもらってもいいかもしれません。

いつもとはいいませんが出費を抑えるために、たまにはおうち飲みもいかがでしょうか。

 

まとめ

このように家計簿をつけなくても出費を抑えることができます。コツを掴めば簡単なことばかりなので、無理をせず続けられるのではないでしょうか。

まずは生活費を封筒に分けることから始めてみてください。そうすることで、お金の管理が非常にしやすくなります。しかし、予算内で収まらなかったとしても自分を責めないようにしましょう。

オーバーしてしまった分は次の月でまかなったり、それに合わせた予算に組み替えることで調整できます。決して無理のないように実践してみてください。

 

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-節約

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.