一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしを応援するウェブマガジン。費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開しています。

生活費

一人暮らしの生活費【学生編】平均と内訳、3つの節約法

更新日:

大学に入学し、新しく始める一人暮らし。

いったいどれくらいの生活費がかかるものなのでしょうか?

家賃は食費は光熱費は?

これまでずっと実家暮らしをしていると、そういった実感はなかなか持ちにくいものなのです。

それと同時に、実際に始めてみるとなんとかなってしまうものでもあります。

親からの仕送りとアルバイトだけでやっていけるのか?

3つの節約方法と共に、学生の一人暮らしの実体を調査しました。果たして生活費の平均や内訳はどんなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

学生の一人暮らし生活費は月10万円(平均)

shutterstock_290555177

一人暮らしの場合、学生の生活費の平均は月10万円程度です。

これには学費は含まれていません。内訳としては、家賃5万円・食費3万円・趣味1万円・雑費1万円といった内容です。人によって差はありますが、目安として10万円あれば、なんとかやりくりして生活を維持していけると考えてよいでしょう。

実際にはもうちょっと趣味にお金を使う人が多いかもしれません。大学生であれば時間は結構あります。アルバイトもいくらでもできますので、生活に苦労することはあまりないと言えます。

ただし、浪費癖があったりサークル活動を熱心に行ったりすると状況は変わってきます。特にサークル活動は、それ自体に時間が取られる上に、会費や道具代などがかかることも多いです。

もちろんサークルも楽しいもので大事な経験ですが、きちんと生活していけるようしっかりと計算し、よく考えて参加する様にした方が良いでしょう。

スポンサーリンク

学生の一人暮らしの食費は学食や自炊で節約

shutterstock_283428986

節約法その一は食費の節約です。

食費が跳ね上がる大きな要因は外食です。もちろん、友達付き合いで飲み会など必要な外食はありますが、不必要に一人で外食するなどを控えるだけでもかなりの節約効果があります。

学食は比較的安く栄養バランスも考えられた食事を出してくれるので積極的に利用しましょう。

次に、自炊を心がけることで食費を大きく抑えられます。自炊というと身構えてしまって面倒臭がる人も多いですが、ご飯を焚くとか、パスタを茹でるとかそういうことでも良いのです。

最近では簡単に料理できるパック食品なども多くありますのでそれらをうまく活用してみましょう。

料理をするのであれば、少なく作ってもたくさん作っても手間は同じですので、多めに作って作りおきをするとか、友達を呼んでパーティーなどをしても楽しいです。外で飲み会をするより圧倒的に安く済みますしリラックスできて一石二鳥です。

一人暮らしの料理を簡単に!栄養たっぷり一週間レシピ

一人暮らしの方は、毎日の食事のメニューに頭を悩ませているのではないでしょうか? 一人であれば、お惣菜を買ったり、お弁当で ...

続きを見る

一人暮らしの食費を月に1万円以下!4つの節約手順!

都会の一人暮らしは家賃が高く、大変。 光熱費、水道代、社会保険料などを支払うと、食費にかけられるお金は、僅かになってしま ...

続きを見る

スポンサーリンク

学生の一人暮らしで暑い夏場は図書館を利用

shutterstock_440494636

暑い夏場はクーラーを使用すると光熱費がかなり高くなってしまいます。

エアコンは、他の電化製品の比ではないくらい電気を使います。ですので、出来る限り扇風機を使うようにしましょう。

また、どうしてもクーラーをつけないとやってられないくらい暑い場合は、大学や地域の図書館を利用します。どちらも無料で利用できますし、クーラーも効いてるので快適に過ごせます

極力暑い夏場は家にいるのを避け、別の場所で涼むようにすると、電気代を抑えることができます。クーラーをつけたことによる電気代の跳ね上がりは、これまでの月々の生活費から考えていたお金の管理計画を崩す原因になりますので、特に注意しましょう。

クーラーをつけたまま寝てしまうなどしてしまうと非常にもったいないです。ある程度は仕方ないかもしれないですが、極力使わないで済むような工夫を考えましょう。

スポンサーリンク

学生の一人暮らしの家賃は学生寮やシェアハウスで節約

shutterstock_494255686

学生の生活費の中でも一番多くの割合を占めるもの、それが家賃です。

普通のマンションに住もうとすると、どうしても高くなってしまいがちです。可能であれば、学生寮などを探してみましょう。出身地域ごとに地域寮のようなものもありますし、大学の寮もあるでしょう。

倍率が高い場合もあるますが、ここは諦めずにひたすら応募しましょう。ここでの努力は他のどんな節約術にもまして効果があります。

毎月必ず固定で決まった金額が出て行ってしまう家賃を節約することで、他の部分に余裕をもつことができるようになります。学生であれば、みんな少しはボロいところに住んでいるものです。

新築マンションなど、高望みはせずに安い所を探してみましょう。探すといっぱい出てくるものなので、あんまり良い物件がないなぁと感じているとしたら、それは探し方が足りないだけかもしれません。

スポンサーリンク

学生の一人暮らしは節約だけでなく収入面も考える

shutterstock_519444058

生活費を切り詰めて節約していくことはもちろん大切ですが、それだけではどうしても限界があります。そんな場合は、収入を増やすことを考えてみましょう。

一番簡単なのはアルバイトです。大学生であればみんないろいろなアルバイトをしているものです。社会経験にもなりますし、友達も増えて、それでいてお金ももらえるのでやって損することはないです。

積極的にいろんなバイトにチャレンジしてみるのもいいでしょう。飲食系のバイトであればまかないが出ることもありますので食費を浮かすこともできます。

また、奨学金を利用するという手もあります。もちろん、奨学金はいずれ返さなくてはいけないものですが、そこまで大きな金額ではありませんので、就職後にコツコツ返していけば大丈夫です。

学生の時点でお金がなくて出来ないことがあるのはもったいないので、奨学金は遠慮せず借りて就職後にきっちり返しましょう。

 

まとめ

一人暮らしの大学生、生活費の平均は月10万円程度です。出費を切り詰めていくには、主に次の3つの方法があります。

学食や自炊による食費の節約

図書館の利用による光熱費の節約

学生寮やシェアハウスによる家賃の節約

 

節約と同時に、収入を得ることも大切です。様々なアルバイトや奨学金を利用しましょう。いろんな経験ができる大学時代、お金のことで心配して過ごすのはもったいないです。

節約上手で楽しい学生生活を送りましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

一人暮らしを始めるとき、引っ越しに慣れていない方は「引っ越しっていくらかかるんだろう?」「業者はどこがいいんだろう?」と ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-生活費

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.