一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

犬の散歩

ペット

一人暮らしで犬の散歩のしつけ!楽しみながら実践する方法

更新日:

犬にとって散歩というのはストレス発散にもなりますし、なによりも飼い主との楽しい時間です。

しかし、散歩というのはただ歩けばいいと思っていませんか?

実は犬の散歩というのは、しつけの中でも最も重要と言われることが多いんです。

散歩のしつけが出来れば、普段の生活も犬と快適に過ごすことが出来るようになります。事故やトラブルを未然に防ぐこともできます。

こちらでは、愛犬と楽しく散歩するにはどんなしつけをしたらいいのか紹介します。

スポンサーリンク

飼い主がリーダーだという事を認識させる

白い子犬

何も教えていない犬は、多くの場合リードを引っ張るでしょう。それは、興味のあるものに近付こうとして引っ張ってしまう事がほとんどです。

犬に「散歩は飼い主を自分がリードするもの」と勘違いをさせることにもなってしまいます。そうなると、主従関係が崩れてしまい、あらゆるしつけがしにくくなってしまうので、注意しましょう。

特に一人暮らしで犬に主導権を与えてしまうと、部屋の中でも外でも犬に振り回される生活になってしまいます。

そうなる前に、飼い主がリーダーであることを認識させ、散歩の時間は常に犬が飼い主の動作を意識しながら歩くようにしつけることが重要です。

従うことを覚えると、犬はリーダーが居ることにより、恐怖心や不安がなくなり堂々と散歩するようになります。

また、犬が飼い主に従うようになれば、飛び出しによる交通事故や迷子になるなどのトラブルが起こりにくくなります。

スポンサーリンク

「ついて」を教える

柴犬

ついてとは、散歩の際に犬がリードを引っ張らず、飼い主の横について歩く状態をいいます。これを覚えることにより、落ち着きのある犬になりトラブルや事故を防ぐことが出来ます。

まずは、家の中など落ち着いて出来る場所ではじめると集中でき、覚えやすくなります。最初はリードなしで行います。ご褒美のおやつを持ち、犬の鼻先に持っていきます。

「ついて」と言いながら飼い主の横に来るように誘導しましょう。横に来たら褒めながらご褒美をあげます。ご褒美をあげる時、犬と目が合ったらあげるようにしましょう。

これを繰り返して、慣れてきたら次は歩きながら「ついて」の練習をします。部屋の中を歩いて、横についてきたら褒めながらおやつをあげます。

犬がよそ見をしたり違う方向へ行こうとしたら「ついて」と言いましょう。横に来たら褒めながら目を合わせ、ご褒美をあげます。横に来ることが出来るようになったら、リードをつけて外に出てみましょう。

外は室内よりも犬の興味を引くものだらけですので、犬がリードを引っ張ったら一旦止まり、「ついて」と言いながら、リードをピンと張りすぐに緩めます。

出来れば、犬が引っ張りそうになったら飼い主がピンと引っ張るようにすると効果が出やすいです。「ついて」と言わなくても横について歩けるようになれば成功です。

上手について歩けるようになった後も、目を合わせることと褒めることは忘れないようにしましょう。

 

アイコンタクトをとれるようにする

ミニチュアダックス

リードを引っ張らせないことが出来るようになってきたら目を合わせること=アイコンタクトを更に意識しましょう。

たとえば信号待ちの時、「おすわり」「まて」の指示を出しながら犬を見ます。犬も飼い主の目を見ながらきちんとおすわりでき、次の指示を待つようになったらアイコンタクトが出来ているということになります。

犬が飼い主の目を見てくるのは「次の指示は何かな」「次はどっちにまがるのかな」と考えている時です。

その都度、的確な指示や動きをしてあげましょう。歩いている時も飼い主の様子を気にし、飼い主が止まれば止まる、足を速めれば合わせてついてくるようになれば散歩上手になってきた証拠です。

散歩中にコミュニケーションをとることは、犬にとっても嬉しいことなので、上手にできたら褒めるようにしましょう。飼い主にとっても、犬と心が通じ合っているような気持ちになれ、散歩が楽しく続けられるはずです。

 

道に落ちているものを口にさせない

パグ

これは犬の命に関わる事なので、ぜひとも覚えさせましょう。散歩していると、道には色々なゴミが落ちています。

私の知り合いの犬は、落ちていた薬を誤飲してしまい、気を失ってしまいました。命は助かったものの、それが原因で後ろ足が不自由になってしまいました。

犬は好奇心の強い生き物です。嗅ぐ→口に入れるという行為でそれが何なのか確認するのです。そのため、まずは落ちているもののにおいを嗅がせないことが重要です。

道に落ちているもののにおいを嗅ごうとしたら「ダメ」と言いながらリードをピンと引きましょう。この繰り返しで犬にいけない事だと教えます。

しばらくすると「ダメ」と言うだけで嗅ぐことをやめてくれるようになります。

また、万が一口に入れてしまった時のことも考え「はなせ」も教えましょう。このしつけには、ご褒美を準備します。お

もちゃをくわえさせ、「ななせ」と言って口からおもちゃを出させましょう。はなせたら褒めながらご褒美をあげます。これを繰り返します。

これらの「ダメ」と「はなせ」は散歩の時以外でも使うことができるので、ぜひしつけましょう。

 

毎日同じパターンで散歩しない

チワワが見つめる

毎日同じ時間に散歩をしていると、犬は決まった時間に散歩できなかった時、「散歩の時間なのになんでいかないの!?」と思い、落ち着きがなくなったり、吠えたりしてしまいます。

また、同じ道順で同じ時間をかけて散歩しても、犬にとって刺激がなくなってきます。こうなってしまうと、散歩に飽きたり、慣れた道で飼い主をリードしたがるようになってきてしまい、犬にストレスがかかります。

そうならないためには、「散歩に行く時間、かける時間、道順、回数」の4点を毎日変化させるようにしましょう。

かける時間は、5分の時もあれば30分かける時もあって良いです。回数は1日0~2回が目安です。毎日散歩に行かなければいけないと思っている方もいるかもしれませんが、実は散歩に行かない日があっても良いのです。

特に雨の日の散歩は犬にとって危険が多いので、散歩に出ることはおすすめしません。

この4点を変化させると、犬は「散歩というのは飼い主が行こうって言ったら行く」と考えるようになります。

一人暮らしだと、毎日朝晩散歩に行くのは時間が無い場合や体力的に辛い時があります。しかし、このパターンを犬に理解してもらえれば、犬はストレスなく散歩を楽しめるようになります。

 

まとめ

5つのポイントを紹介しましたが、まずは散歩を楽しむことが一番です。飼い主が楽しければ、その雰囲気を察知して犬も楽しくなるはずです。

時々犬と目を合わせながら歩くと、犬と通じ合えているような、なんともいえない幸せな気持ちになる事でしょう。

そのためにも、きちんとしつけて事故やトラブルに合わないようにしたいものです。

散歩で多い事故は、飛び出し、誤飲、糞尿トラブルです。周囲の人の為にもマナーを守って散歩しましょう。

 

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-ペット

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.